うんから君が受かる?末日からの気分も好きです。

大和あきくんの70世代後半に連載されてテレビ漫画もプランされた「ええからくんが受かる」は乙女コミックの中では特にゴッドレベルに好きです。
漫画では そんなに強調されてなくてマンガでがっつり燃える ロシアで死んだはずの伊集院が紅緒の前に起きる当たりから面白いだ。
少尉は記念損のフリを婦人と言い張るマミーを気遣うあまり演じなければならないのもポイントです。
紅緒を雇った美少年手直し長が大の女嫌いなのに紅緒に好意を寄せて婚礼まで上げようとする文章が驚き決める膨張なのです。
そこで 関東大震災という 当時の史実に合わせた大災害が起こるあたりも ライターは世の中をよく読んでいると感心しました。
嘘をついた事をばれた少尉な紅緒と合わす顔がないと問題を感じるのに対し紅緒は 本当に手直し長と結婚していいのか マニアだけど微妙な気持ちになる当たりはヒステリックだ。
芸人としての蘭丸の女装劇も なかなかのものがありました。
致命傷は感涙必須なコミックだ。