エアコンディショナー(クーラー)の施工抑制を通じて感じた事態

過去、建築備品に携わった人だ。その経験から感じた事を記載します。ヒートポンプ方式の空調が出て、もう半世紀ぐらいになるのではないでしょうか。エアコンスパイラルで考えるとフロンガスが蒸発するら周りの意欲をうばい冷却するというシステムです。自分が建築会場の施工操作をしてからは、ほとんどが空冷のヒートポンプ方式の空調で、水本の空調の調整経験はありません。時折瓦斯クーラーの引合いがあったりしましたが、その施工トライは少ないです。ジョギングコストが高いからです。主に携わったのは、住居、会合住居、賃貸住宅、物販・飲食ところ、会社、倉庫で家庭用や業務用クーラーの施工操作経験があります。ダイキン・松下・三菱電機・三菱重工等のクレアトゥールのアタッチメントをお客様にクレアトゥール認定を頂いて設置しましたが、夏のエアコンが壊れただのの言動が一番良かったのは、ダイキンだ。お願いをして施工店舗(下請け)はその日に対応してくれ、先々クレアトゥール言動が必要な場面、3お日様あれば会場に行き対応してくれていました。後のクレアトゥールだと最初ウィーク保留とかざらでした。知人の認定が必要でしたが、私のいた店舗の6割はダイキンとの間接取り引きでした。夏のエアコンのダメージは死活症状でした。自分は神戸において持ち家を買いましたが、後に付けた空調はやはりダイキンのものでした。