外圧と、容赦と、呆れはての狭間の中で

夫が、左肩を剥離骨折してしまった。
どうしてそうなったかは、言わないでおくほうが親身はです。
これから商いが忙しくなるという時に限ってです。
それまでこっち数ヶ月、全くオフアーがなかったあとの
念願の商いだっただけに、なんでしょか、困ったものだ。
医者に意地でも行かないと、ですはんこき(ですですをこねる)やる夫を
なだめすかし、また攻撃をかけようやっと医者にこぎつけた収支
おや、しばらく商いができないとは。
まあ最高損害なのは、当の当事者なのだろうが。
そうなると、商いに行かないぶん家で何をしているかが問題である。
朝方は「韓流ドラマ」
昼過ぎの昼過ぎはいわゆる「警察官(ポリス)産物」ドラマを延々と視聴している。
しかも、以前に見たケースのあるドラマ
「こういうドラマの犯人な、こいつだぞ」
親切に犯人を教えて貰える。
「知るよ。私も見てたからね」
「はっ暇なんだねえ」
(あなたに言われたくないわ)
それにしても、2,3太陽住宅にいてずっとTV見っぱなしなら、まだいい。
もうかれそれ、2ウィークには上る。
そろそろ私も、色んな意味で制限です。
夫はいい、キズで上腕を動かせないのは聞き取れるが
そのクランケの心配りはあたいです。
未明の仕事をしながら、食生活の仕込みと、痛いところの湿布貼り。
フラストレーションと、情けとTVを見っぱなしの夫への
呆れ果ての狭間で生きている。
大仰かもしれないがね。
まあいいか、TVを見ながら
互いドラマの最後を探っていこうか。