出前ボックスへ預けられたワインの器物の重さ

我が家は分譲マンション民家だ。
郵便受けのある場所には配達ボックスがあり、不在で受け取れない時折そちらに預けられてある事が多いです。
これは便利で、配達便が来てもあまりにひどい格好で、判子を押しにシャッターにすら出たくない場合には居留守使って仕舞うようになりました。
後で貸与良いところ持ち出しに行けば良いのですから。
配達ディーラーの方も居留守使われても配達ボックスのお陰で、再配達する訳ではないから許してくれてるとしてます。
こんな風なやり方を通していたある日、俺は郵便受けに文章を出向くとゼロ票が入ってました。
何か届いたのか、と配達ボックスを開けるタスクをすると、配達ボックスの中でも一番大きなボックスのナンバーが出て、変わりました。
不快直感は的中して、まさかのワイン10図書が段ボールに入っていたのです。
こいつ、まさか俺はこれから配達ボックスから出して客間まで運ぶの?と思ったら一気に方針がげんなりしました。
まさか、ワイン10図書を配達ボックスに置いてっちゃうなんて普通居留守使っていた罰なのかしら、としょんぼりしてしまった俺でした。