男の、今までには味わっていなかった自分自身のメランコリー。

旦那が太ったらしき。
風呂におけるウエイト合計をわざわざ茶の間にとってきて、事あるごとに計ってっていらっしゃる。
前は60隔たりを切っていた旦那のウエイトが
今や63隔たりくらいになっているのだろうか?
人のスタイルを見て「太ったねえ」
なんて、ジョークでも言えない現状に自分が立たされている。
でも我々は、イヤミなんか言わない。
「朝からずっとテレビ見っぱなしだから良識でしょ」
なんてことは、口が裂けても言いはしない。
心でそう言っているだけ。
怪我をしたのだから仕方がないのだが
旦那に「飯食べないの?」と言っても
「いや、体重が増えるから食べない」
旦那の口から出るセリフだとは思えないわ。
と言いつつ、何故か冷食の「パスタ」を(チン)して食べてある。
冷蔵庫に入れてあった「大福」がいつの間にか消えている。
旦那よ、言ってることとやってることが合っていないわよ。
まあいいわ、あんまり言うとスネ旦那になっても弱るし。
「自分操作」が今後の旦那のプロジェクトです。
なーんて、人のことは言えない。
ついこの間もお子さんにそそのかされて?「ハンバーガー」を平らげてしまった。
要するに「似たものカップル」についてか、そういう事としておこう。